ロジスネクストユニキャリア株式会社

インフォメーションインフォメーション

記事カテゴリーで探す

2014年09月09日

ディーゼル式新型「FOZE(フォーゼ)」を発売

初の自社開発フルモデルチェンジフォークリフトが登場!

 世界100カ国以上で事業を展開するフォークリフトメーカー、ユニキャリアホールディングス株式会社(代表取締役社長 大森 聡 ;以下、ユニキャリア)は、傘下にあるユニキャリア株式会社を通じ、日本市場においてディーゼル式フォークリフトの主力戦略車種である新型「FOZE(フォーゼ)」(2.0~3.5トン)を10月8日(水)より全国一斉に発売します。

 今回発表する新型ディーゼル式フォークリフト「FOZE(フォーゼ)」は、 "「経済性UP」と「環境対応」に貢献するプロの道具" をコンセプトに開発したユニキャリアブランドとして初のフルモデルチェンジフォークリフトです。

 トップクラスの「低燃費」「低排出ガス」と「ハイパフォーマンス」を高次元で両立させたことが最大の特徴であり、その他、低騒音、低振動、細部にまでこだわったエルゴノミクスデザインにより、オペレーターの疲労軽減を徹底的に追求しています。

 新設オプションの「電子制御トランスミッション」は、トルクコンバータ式ながらクラッチ式並みの微速操作を可能としており、クラッチ車特有の瞬発作業を想定した「プッシュモード」も用意しました。また作業に合わせ発進時の動力のつながり特性を3パターンから選ぶこともできます。さらにスイッチバック制御により、タイヤ摩耗低減にも寄与します。

 その他、走行中の荷物やオペレーターに伝わる衝撃、フォークのガタツキ音を抑える「グッドランニングシステム」、安心作業をサポートする「最高速制限機能」、球切れのない「LED式前照灯・リアコンビネーションランプ」など、フォークリフトを扱うプロフェッショナルなお客様の期待に応える様々なオプションを取り揃えております。


主な特長

1. 強化されるディーゼル排出ガス規制レベルを超えるクリーン排気

平成26年排出ガス規制に適合したコモンレール式ターボエンジン(ZD30)及びDPFシステムの採用により、排出ガス中のPM(粒子状物質)を99.9%以上カット。

※出力の違いにより2タイプの車種を用意(標準車:36kW/ハイパワー車:47kW ※3.5トンは47kWのみ)。

2. 燃費の大幅改善

従来車と比較し、パワーモードで16%低減。

エコノミーモードでは、更に10%低減を実現。

※標準2.5トンディーゼル(36kW)車の当社評価パターンで計測

3. オペレーターに配慮した負担の少ない運転環境を実現

1) 新型エンジン、吸気リゾネータ等の採用により、オペレーター耳位置騒音を約2dB低減。

2) 最適な運転ポジションを可能にするテレスコピックステアリングを標準装備。

3) 車両情報が一目でわかるマルチファンクションメーターを搭載。

「FOZE(フォーゼ)」主要車種希望小売価格






以上

記事カテゴリーで探す

インフォメーション

インフォメーション

pagetop